• 印刷する

日本産カキの輸出、認定地域を拡大へ

日本政府は4日、農林水産物・食品の輸出拡大に向けて新体制を構築することを決めた。シンガポールへの生がき輸出に必要な衛生プログラムの認定地域を拡大することが盛り込まれた。

日本産生がきのシンガポール向け出荷では、2018年12月に三重県産が輸出解禁に必要な衛生管理プログラムの認定を取得。初めてシンガポールへの輸出が解禁された。これを受けて、大分県もシンガポールに衛生管理プログラムの認定を申請しており、年内の認定を見込む。大分産生がきの輸出が認められれば、4,000万円規模の輸出が期待できるという。

シンガポール向けの日本産豚肉・豚肉製品の輸出では、食品衛生管理の国際基準「HACCP」の認定を受けた豚肉処理施設で処理・加工することが必要となる。現在は、鹿児島県や北海道、秋田県の6カ所の食肉取扱施設が認定を受けているが、新たに北海道や埼玉県の施設が認定を申請中という。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:10日の総選挙を前にシ…(07/06)

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

外国人雇用で意見対立、与野党が選挙討論(07/06)

6月の製造業PMI、5カ月連続で50未満(07/06)

5月の小売売上高、営業禁止で下げ幅最大(07/06)

サプライチェーンの多国間協力、中国も参加(07/06)

欧州の生命科学系VC、アジア拠点を開設(07/06)

5月の外国人入国者、99.9%減の880人(07/06)

国内ホテル、「ステイケーション」可能に(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン