• 印刷する

米中の緊張激化で、アジアの製造活動が縮小

米中貿易摩擦の激化により、アジア経済への懸念が高まっている。ロイター通信は3日、アジアの多くの地域で先月の製造活動が縮小したと伝えた。

ロイター通信によると、アジア地域で景況感を示す製造業購買担当者指数(PMI)が景況判断の節目となる50を下回ったのは、日本、韓国、マレーシア、台湾。フィリピンでは内需の拡大を受けて改善したものの、貿易依存が大きいベトナムは米国の対中追加関税率の引き上げが響き、期待値を下回った。

アナリストらは、今月末に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合に合わせて開催予定の米中首脳会談で緊張が緩和されなければ、世界的な景気後退を加速させると懸念している。


関連国・地域: 中国ベトナムアジア米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

豚肉供給不足、ベトナムの豚コレラが影響(01/27)

ベトナムで石炭輸入急増、環境負荷に懸念(01/24)

ガルフの越太陽光発電、ADBが41億円融資(01/24)

屋外広告マスター、ベトナム同業に25%出資(01/24)

ベトナム国営ゴム、農園の拡張を計画(01/23)

デュシタニ、越のケータリング会社を買収へ(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン