中国と香港からのFDI急増 各地で大型投資、米中摩擦影響か

中国と香港からベトナムへの外国直接投資(FDI)が、今年に入り急増している。1~5月の実績は、中国からの投資額が前年比3倍、香港からは4.6倍に増えた。各地でタイヤや電子機器の工場設立に向けた大型の投資が実施されており、昨年から続く米中貿易摩擦の影響も投資を後押し…

関連国・地域: 中国香港ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

越で増える新興ヘルステック 「Med247」、医療の改善に一役(01/22)

南北高速道路の東路、土地収用の目標未達(01/22)

空港の民間出資制限、運輸省に他省庁が反発(01/22)

タカラレーベン、越に現地法人設立(01/22)

19年リゾート不動産、コンドテル人気に影(01/22)

キンバック、ハノイの大型開発を買い戻し(01/22)

建設資材ビコストーン、19年は25%増益(01/22)

歯科器材の松風、ハナム省に製造拠点(01/22)

HCM市、2月から電子納税システム導入へ(01/22)

林産品輸出、20年は215億米ドル超を目標(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン