• 印刷する

《日系進出》日新電機がティラワ進出、金属部品など加工

日新電機(京都市右京区)は28日、ミャンマー最大都市ヤンゴン近郊のティラワ経済特区(SEZ)に装置・部品事業の生産拠点を設立すると発表した。タイやベトナムのグループ工場から、人件費が相対的に安いミャンマーへ金属部品などの加工部門を移し、コスト削減を図る。

新会社「日新電機ミャンマー(仮称)」は6月に設立予定で、資本金の150万米ドル(約1億6,500万円)のうち、タイの日新電機タイが55%、日新電機が40%を出資する。ティラワではレンタル工場に入居し、1億2,000万円を投じて生産設備を導入、2020年3月に稼働する計画。日新電機タイおよびベトナム北部バクニン省にある日新電機ベトナムから、実装装置フレームや溶接品など自動化が難しい金属部品の加工部門を移す。

今後は日新電機タイを東南アジア諸国連合(ASEAN)・インド地域の統括拠点と位置づける。ベトナムとミャンマーの現地法人はそれぞれの市場を開拓し、産業用装置・部品の受託生産事業の売上高を、18年度の80億円から20年度には100億円に伸ばす。

またミャンマーでは、電力需要の拡大に伴い、電力機器市場の成長が見込まれることから、現地での電力用コンデンサーなど電力機器の販売も視野に入れる。


関連国・地域: タイベトナムミャンマー日本
関連業種: その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

コータウン空港改修で再入札 落札の地場航空会社が権利放棄(06/17)

トヨタ、ミャンマーで新型アバンザを発売(06/17)

太陽パネルは海外に活路、新興国需要を狙う(06/17)

NEXI、商社2社のティラワ港出資に保険(06/17)

ヤンゴン、一部地域で計画停電6時間に延長(06/17)

チャウピュー発電所、売電契約の締結間近か(06/17)

携帯決済オンゴー、小口金融BRACと提携(06/17)

金融規制局、金融包摂ロードマップを発表へ(06/17)

児童60万人以上が危険労働に従事=ILO(06/17)

ヤンゴンで手榴弾を模した不審物、一時騒然(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン