• 印刷する

出前「グラブフード」、15省市に拡大

ベトナムの配車アプリ最大手グラブ(ベトナム)はこのほど、2018年6月に立ち上げた料理宅配サービス「グラブフード」の提供地域が、これまでに国内の15省市に拡大したと発表した。5月半ば時点で1日の平均注文数は18年6月末に比べて250件増えたという。24日付ダウトゥ電子版が報じた。

英系市場調査会社カンターTNSが4月末に発表した調査結果によると、ハノイとホーチミン市では、最もよく利用する出前アプリがグラブフードであるとする回答が81%に上った。この比率は、18年10月の48%から19年1月に68%と上昇しており、今回さらに高まった。

市場調査会社Gcommが18年12月に発表した調査結果では、グラブフードの配達にかかる時間は20分以内と各アプリ中で最も短かかった。契約運転手が19万人余りに上っていることが、迅速な配達を可能にしているという。

グラブによると、2大都市では、配達を担当する配車アプリ・グラブバイクの運転手の収入が、18年6月に比べて23%増えている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

コロナがCLMV貿易に影 対タイ、5月は輸出入とも2桁減(07/14)

Thacoが輸出拡大、タイに起亜80台輸出(07/14)

トヨタ1~6月の販売、32%減の2.6万台(07/14)

南北高速道の事業者選定、新たな基準追加へ(07/14)

港湾貨物取扱量、1~6月は7%の伸び(07/14)

ホーチミン市の交通インフラ、実行率は16%(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン