ミャンマーで知財法が成立、模倣対策に寄与

【ヤンゴン共同】ミャンマーで、日本政府が整備を支援した新たな知的財産関連法が25日までに成立した。ミャンマーでは近年、企業ロゴの不正使用や模倣品が横行している。新法では著作権や特許の侵害に対する罰則が設けられ、進出企業の模倣品対策などに寄与することが見込まれる。…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

少数武装勢力、ラショー空港の攻撃否定(15:25)

日タイ企業は周辺国で連携を 調達・販売で補完関係=専門家(11/19)

ヤクルト、ミャンマー含め40カ国・地域に(11/19)

双日、ミャンマーで通信インフラ事業に参入(11/19)

日立産機、配電用変圧器5600台を受注(11/19)

農業サービス基地、4州・管区で開設へ(11/19)

文大統領、ASEAN各首脳と会談へ(11/19)

アジア開銀、地方の道路整備に5120万米ドル(11/19)

中国との経済協力、強化に向け研修を実施(11/19)

再生エネのマッタン、国内外シェア拡大狙う(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン