ミャンマーで知財法が成立、模倣対策に寄与

【ヤンゴン共同】ミャンマーで、日本政府が整備を支援した新たな知的財産関連法が25日までに成立した。ミャンマーでは近年、企業ロゴの不正使用や模倣品が横行している。新法では著作権や特許の侵害に対する罰則が設けられ、進出企業の模倣品対策などに寄与することが見込まれる。…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アセアン首脳会議に代表欠席 議長声明案、実現の道険しく(10/27)

ミャンマー国軍、ASEANへの抗議否定(10/27)

岸田首相、27日にASEAN会合出席へ(10/27)

米がクーデターの責任追及、民主派と会談(10/27)

国連、ミャンマー新特使にヘイザー氏任命(10/27)

英政府、安保理でミャンマー危機協議を主導(10/27)

国軍支持者らがデモ行進、ネピドーなど(10/27)

総司令官=都市部の自動車、全てをEVに(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン