ミャンマーで知財法が成立、模倣対策に寄与

【ヤンゴン共同】ミャンマーで、日本政府が整備を支援した新たな知的財産関連法が25日までに成立した。ミャンマーでは近年、企業ロゴの不正使用や模倣品が横行している。新法では著作権や特許の侵害に対する罰則が設けられ、進出企業の模倣品対策などに寄与することが見込まれる。…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

キリン合弁、19年度28%増益 20年度も2ケタ成長図る(02/20)

政府、中国との観光客の往来禁止を検討(02/20)

大型行事の延期相次ぐ、新型肺炎拡大で(02/20)

バゴーでの靴・縫製品生産など7件認可(02/20)

ヤンゴンで初の地下道整備、事故減少に期待(02/20)

西部紛争地域、ネット遮断で犠牲者増=国連(02/20)

国内初のVR娯楽施設、ヤンゴンで開業(02/20)

プライバシー保護法、改正案を下院に提出(02/20)

宅配フードパンダ、ヤンゴンの提携店は千店(02/20)

ミャンマー八百長でFIFA調査、W杯予選(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン