華為への米制裁、長期的に好機との見方も

中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する米国の禁輸措置を受け、マレーシアの電子部品業界は今後の情勢を注視している。一時的に経営に打撃を受けるが、長期的にはプラスに作用すると予想する声も出ているようだ。エッジ・ファイナンシャル・デーリーが23日に伝えた…

関連国・地域: 中国マレーシア米国
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(19日正午)(20:41)

太陽光発電のマーケットプレイス開設、国内初(19:25)

ビール大手ハイネケン、3月1日から値上げ(19:31)

エバーセンダイ、印ITパークのビル建設受注(19:31)

テイクオフ:バレンタインデーの今月…(02/19)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(02/19)

新型肺炎影響で小売業不振 業界団体、賃料の一部返還要請(02/19)

自動車業界、新政策の技術重視方針に期待(02/19)

RM1=26.4円、$1=4.15RM(18日)(02/19)

一蘭、KLで豚不使用ラーメンを限定販売(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン