• 印刷する

豪新車安全テスト、日本車3車種が最高評価

オーストラリア新車評価プログラム(ANCAP)の最新の安全性評価テストで、5車種が最高評価の5つ星を獲得したことが分かった。このうち3車種が日本車だった。ゴーオートなどが伝えた。

今回のANCAPのテストで最高評価を獲得したのは、マツダの新型「マツダ3」、トヨタ「RAV4」、レンジローバー「イヴォーク」、フォルクスワーゲン(VW)「トゥアレグ」、レクサス「UX」で、日本車3車種のほか、欧州車が2車種を占めた。

これら5車種はいずれも、自動緊急ブレーキ(AEB)や車線逸脱防止支援システムなどの安全システムを標準装備している。

マツダ3は、「成人乗員保護性能」で98%と高得点を記録。ほかに同性能で98%を獲得したのは、ボルボの「XC60」とアルファロメオの「ジュリア」で、マツダ3が小型車ながら、安全性では高級車に引けを取らないことが示された。

5つ星を獲得した5車種は「子供乗員保護性能」と「歩行者保護性能」でも高い評価を得ており、いずれも88%以上を獲得している。

4代目となる新型マツダ3は先月、オーストラリア国内の販売を開始している。


関連国・地域: オーストラリア日本欧州
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

通信会社サークルズ、人員削減を進行(02/28)

テイクオフ:シドニーのライド市が、…(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

豪首相「パンデミックに備えよ」 中国からの入国制限延長(02/28)

豪NZ株式は5日続落、今年の上昇分消失(02/28)

豪訪問者150万人減か、NZは経済停滞へ(02/28)

ウールワース、給与過少払い影響で減益(02/28)

豪ライナス、3年間の操業延長認可を取得(02/28)

ボーダフォン、5G導入で顧客回復狙い(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン