成長率上限、2.5%に下方修正 米中貿易戦争の下振れリスク懸念

シンガポール経済の減速傾向が強まっている。貿易産業省は21日、2019年通年の国内総生産(GDP)成長率の予想レンジの上限を2.5%に下方修正した。米中貿易戦争が過熱する中、輸出依存度が高いシンガポールにとって外部環境の悪化が国内経済の足かせになるとみているためだ。外需…

関連国・地域: 中国シンガポール米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ASEANの非関税障壁、3分野で多く(18:05)

データ分析のトラックス、米企業を買収(16:49)

アプリでプリペイド登録可能に、通信最大手(16:49)

セメントICG、アフリカ同業買収の認可下りず(16:45)

ガス供給ユニオン、取引業者火災の影響調査(16:49)

テイクオフ:どこの国にも迷惑なご近…(06/25)

海外直接投資が再び落ち込み 5月は前月比7割減の1.5億ドル(06/25)

双日と大阪ガス、天然ガス供給で合弁(06/25)

オフィス賃料の上昇基調続く 向こう3~5年、再開発物件軸に(06/25)

5月のインフレ率0.9%、4カ月連続で加速(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン