食品ロス削減で廃棄見直しへ、鍵握る家庭と外食

【共同】まだ食べられる食品が大量に廃棄される社会の見直し機運が高まってきた。政府が旗を振る「食品ロス」削減にコンビニが呼応。消費期限の近づいた弁当などを実質値引きし、売れ残り品の廃棄を減らす取り組みが本格化する。日本の年間廃棄量は600万トン台で高止まりしており、…

関連国・地域: 日本
関連業種: 食品・飲料


その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(19日正午)(17:35)

新車販売不振、首位は5年ぶりベンツ(19:01)

テイクオフ:男たちが高梁酒を飲みな…(02/19)

テイクオフ:2月初めに冬の京都を訪…(02/19)

クルーズ下船の邦人帰国、4人とも感染なし(02/19)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(02/19)

イオン、日本の食卓への挑戦 越産「万能ナマズ」の出世(下)(02/19)

見本市、4月いっぱい中止 貿易発展局、負の連鎖に懸念も(02/19)

香港などへの渡航制限緩和 比人の出国可能に、出稼ぎ者配慮(02/19)

ホンダ四輪開発本体に統合、創業者発案を見直し(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン