• 印刷する

中国ギャング集団、動画は冗談=大使館

中国人ギャング集団がカンボジアの南部シアヌークビル州の「治安を乱す」と宣言した動画について、在カンボジア中国大使館は17日、飲酒の上で投稿したとして、動画で言及したことは本気ではなく、冗談だったと説明した。動画は今年3月に撮影されたものであることも明らかにした。

中国当局が調査した結果を、中国大使館が公表した。ギャング集団は地下組織とつながっていないとも指摘している。その上で、カンボジア当局と協力して治安維持に努めていくと強調した。

10人以上からなるギャング集団は先に動画を公開。重慶市から来たと主張し、「シアヌークビルの治安を危険にさらす」と宣言した。

これに対し、中国大使館は今月12日、「重大な問題だ」と指摘。中国とカンボジアの警察当局と連携し、調査に乗り出すと強調していた。

カンボジア警察が実施した調査では、動画は古く、ギャング集団はシアヌークビル州に滞在していないことが分かっている。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【後発国の挑戦】首相動く、苦渋の改革断行 ゆがむ成長(3)企業寄りに転換(06/21)

日本精密、カンボジア法人2社を合併(06/21)

上海企業、米中摩擦で自転車生産を移管(06/21)

華為技術、香港との海底ケーブル敷設を計画(06/21)

科学技術分野の人材育成、中国に支援要請(06/21)

【カンボジア経済通信】ファーウェイの支援受け5G導入へ 第346回(06/21)

HAGLのゴム子会社、Thacoに売却へ(06/21)

実習生で虚偽申請疑い、団体役員ら書類送検(06/21)

【後発国の挑戦】EU制裁、高まるリスク ゆがむ成長(2)米中摩擦は好感(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン