• 印刷する

中国ギャング集団、動画は冗談=大使館

中国人ギャング集団がカンボジアの南部シアヌークビル州の「治安を乱す」と宣言した動画について、在カンボジア中国大使館は17日、飲酒の上で投稿したとして、動画で言及したことは本気ではなく、冗談だったと説明した。動画は今年3月に撮影されたものであることも明らかにした。

中国当局が調査した結果を、中国大使館が公表した。ギャング集団は地下組織とつながっていないとも指摘している。その上で、カンボジア当局と協力して治安維持に努めていくと強調した。

10人以上からなるギャング集団は先に動画を公開。重慶市から来たと主張し、「シアヌークビルの治安を危険にさらす」と宣言した。

これに対し、中国大使館は今月12日、「重大な問題だ」と指摘。中国とカンボジアの警察当局と連携し、調査に乗り出すと強調していた。

カンボジア警察が実施した調査では、動画は古く、ギャング集団はシアヌークビル州に滞在していないことが分かっている。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

クルーズ船乗員も陰性、近く出航(02/21)

衣料H&M、EU経済制裁で生産体制見直し(02/21)

シンガ企業、南部でSEZなどに投資検討(02/21)

ブカシ当局、中国人作業員の隔離を要請(02/21)

センチュリー21FC、販売代理人4千人雇用(02/21)

【カンボジア経済通信】特恵関税問題と新型肺炎が重荷に 第354回(02/21)

LINEタイランド、東南アに動画配信拡大(02/21)

クルーズ乗客「陰性」 日本、タイへ出国(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン