ミッソンダム、住民移転先でパパイア植樹

ミャンマー北部カチン州で、ミッソンダムを開発する中国企業の支援によるパパイアの植樹事業が始まった。対象地域は、同ダムの開発で立ち退きを強いられた地元住民が移転した地区。ミッジマ(電子版)が14日伝えた。 植樹事業は、再定住者の収入増と再定住した地区の持続的な発展…

関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 農林・水産電力・ガス・水道社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマーの電化率が50%に 目標達成、あと10年余で100%へ(12/10)

スー・チー氏がICJへ出発、10日から公聴会(12/10)

台湾系主導のタンタビン工業団地、開発進む(12/10)

中国外相が来訪、ラカイン支援などを協議(12/10)

中国銀聯、非接触型とQR決済で顧客拡大へ(12/10)

アンコール遺跡―バガンの直行便案が再浮上(12/10)

ヤンゴン空港、今年の利用者600万人達成(12/10)

ヤンゴンバス、10~11月事故38件で死亡10人(12/10)

仏塔が建造当時の白色に、軍政期に塗り替え(12/10)

【ミャンマー進出関連法】輸出/輸入会社に関する小売り・卸売りの登録に関する通知 第218回(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン