• 印刷する

商社BJC、電子マネー子会社を設立

タイの大手財閥TCCグループ傘下の総合商社バーリ・ユッカー(BJC)は14日、電子マネー、料金支払いサービスの事業を手掛ける子会社Cペイメント・ソリューションを設立すると発表した。

タイ証券取引所(SET)への報告によると、Cペイメントは、登録資本金が1億バーツ(約3億5,000万円)、払込資本金が2,500万バーツで、BJCが全額出資し、月内に設立する。

BJCの2019年第1四半期(1~3月)の連結決算は、売上高が前年同期比3%増の423億2,600万バーツ、純利益が1.3%増の16億5,000万バーツだった。

事業別の売上高は、パッケージ事業が8%減の48億9,600万バーツ、消費財・食品供給が6.4%増の47億2,800万バーツ、ヘルスケア関連が11%増の19億9,800万バーツ、ビッグCスーパーセンターなどの小売事業が5.4%増の270億4,700万バーツだった。


関連国・地域: タイ
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

東南ア経済成長率見通し、ADBが下方修正(19:15)

テイクオフ:タイでも人気の無料通信…(12/11)

【変わるタイとの越境物流】「東西回廊」活性化に期待 新橋開通、相互乗り入れも導入へ(12/11)

11月のEV登録が過去最高 単月で前年実績超え、MGけん引(12/11)

インチケープ、レンジローバーのPHV発売(12/11)

地域共同体発電事業、来年に免許交付開始へ(12/11)

ラート、ラオスの水力発電所が商業運転開始(12/11)

新国会議事堂の完成、さらに1年遅延(12/11)

テスコ、タイ・マレーシア事業を見直しへ(12/11)

商務省、14日から年末年始のセール開催(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン