台湾政府、米中貿易摩擦激化で4方面の対策

米トランプ政権が2,000億米ドル(約21兆8,000億円)相当の中国製品に対する制裁関税を10%から25%に引き上げたことを受け、台湾政府は4方面の対策を推進し、域内への資金流入の推進や内需拡大でリスク回避を強化する考えを示した。 13日付経済日報が伝えた。賃金の安定的な上昇…

関連国・地域: 中国台湾米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港で前代未聞の200…(06/20)

ビギナー支援強化で輸出促進 フード台北、日本から140社参加(06/20)

「関係各社と協議」と声明、JDI(06/20)

アップルがJDI支援検討、米紙(06/20)

撼智物聯、ビル自動制御で独社と提携(06/20)

自動車部品の東陽、向こう3年で100億元投資(06/20)

太陽光発電サンシープ、台湾に合弁会社(06/20)

統一企業董事長、M&A積極的に検討(06/20)

工研院など、衣類サンプルの半自動化ライン開発(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン