不動産活況、開発さらに加速 18年決算は大手10社軒並み好調

フィリピンで不動産開発の勢いが増している。フィリピン証券取引所(PSE)上場の不動産開発トップ2、アヤラ・ランドとSMプライム・ホールディングスの2018年の設備投資額はそれぞれ過去最高を記録。18年は両社を含む大手10社が軒並み好業績となった。各社は、厚みを増す中間…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:隣で商業施設を建設中の…(11/20)

通信2社の5G投資低調 対応端末など課題、4Gに注力(11/20)

ペトログリーン、パラワンで風力発電事業(11/20)

メラルコの電力供給契約延長、当局が却下(11/20)

東元、比で中国企業と電動三輪の合弁会社(11/20)

ICTSI、イロイロ港開発計画が前進(11/20)

スービック湾開発庁、自由港の橋建設開始(11/20)

キャセイランド、カビテ軽工業団地を拡張(11/20)

独アウディ、20年の販売目標は1000台(11/20)

財閥SM、国内初のスマート駐車場を新設(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン