• 印刷する

AI技術の特許審査、世界最短の6カ月に

シンガポールの知的財産事務局(IPOS)は26日、人工知能(AI)関連技術の特許権の出願から付与までにかかる審査期間を、従来の2年以上から6カ月へと大幅に短縮すると発表した。即日施行する。同様の技術の審査期間としては世界最短になるという。

同国で開発されたAI関連技術がいち早く市場に投入できるよう支援する取り組み「AI推進政策」の一環として行う。◇AIのイノベーション(技術革新)を促すような技術であること◇特許出願先としてシンガポールが最初の国であること◇特許出願のクレーム(請求項、出願人が特許を受けることで保護を求める対象を記載したもの)を20件以下にすること――といった条件を満たす出願を対象とする。

IPOSはAIのイノベーションを促す分野として、画像・音声認識や自然言語処理、自律制御システムなどを挙げている。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日東京で開催された卓…(11/14)

30年までの国家AI戦略始動 グローバルハブ狙い、まず5分野(11/14)

リバネスと企業庁、地場社の日本進出支援(11/14)

双日、シンガポールの通信塔会社に出資(11/14)

ICMG、アジアの持続可能な開発で提携(11/14)

NTTコム、地場新興フィンテック社に出資(11/14)

ヨシムラ、業務用厨房機器NKRを買収(11/14)

投資テマセク、出資先の温室効果ガス半減へ(11/14)

複合セムコープ、インド新州都での開発中止(11/14)

AP州のスタートアップ拠点、開発中止へ(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン