• 印刷する

AI技術の特許審査、世界最短の6カ月に

シンガポールの知的財産事務局(IPOS)は26日、人工知能(AI)関連技術の特許権の出願から付与までにかかる審査期間を、従来の2年以上から6カ月へと大幅に短縮すると発表した。即日施行する。同様の技術の審査期間としては世界最短になるという。

同国で開発されたAI関連技術がいち早く市場に投入できるよう支援する取り組み「AI推進政策」の一環として行う。◇AIのイノベーション(技術革新)を促すような技術であること◇特許出願先としてシンガポールが最初の国であること◇特許出願のクレーム(請求項、出願人が特許を受けることで保護を求める対象を記載したもの)を20件以下にすること――といった条件を満たす出願を対象とする。

IPOSはAIのイノベーションを促す分野として、画像・音声認識や自然言語処理、自律制御システムなどを挙げている。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本では待機児童の問題…(05/27)

【ASEAN戦略を聞く】外資でアジアトップ5へ SOMPO、東南ア軸に(05/27)

MRT75%延伸へ、2040年までの陸運計画(05/27)

独ベンチャー、年内に空中タクシー発着場開設(05/27)

4月の製造業生産高、電子改善で0.1%上昇(05/27)

電力小売市場、自由化で5社撤退(05/27)

電子決済リキッド、香港の銀通とQRで提携(05/27)

旅行代理店チャン、ウェブで個人情報漏えい(05/27)

チャンギ空港利用者数、4月は3%増(05/27)

【労働関係法の基礎知識】第89回:(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン