• 印刷する

香港で日本食材販促、健康促進絡め=領事館

日本食材を使い、健康を意識した中華料理のメニューを提案する尹達剛氏(左)=23日、佐敦(NNA撮影)

日本食材を使い、健康を意識した中華料理のメニューを提案する尹達剛氏(左)=23日、佐敦(NNA撮影)

在香港日本総領事館は23日、香港政府食品・衛生局と連携し、九龍・佐敦(ジョーダン)で料理のマッチングイベントを開いた。「Low Salt、Low Sugar」をテーマに、同局が推進している健康キャンペーンとコラボレーションし、香港で日本食材をより一層普及させるのが狙い。

イベントでは、昨年外務大臣表彰を受賞した中国料理調理師の尹達剛氏が講師を務め、全国農業協同組合連合会(JA全農)が日本各地から取り寄せて提供したコメや卵、鶏肉などの食材を使って調理を実演。尹氏が健康を意識してレシピを改善した揚州炒飯、鶏肉を使った中華料理の川椒鶏球を作った。続けて、イベントに参加した日本の地方自治体職員も実際に調理に挑戦した。

在香港日本総領事館の担当者は、香港市民の健康問題を解決することに繋がる取り組みと絡め、日本食材の販売促進において新たな方向性を提案したと説明した。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港のガイドブックに必…(05/27)

企業の採用意欲が改善傾向 経済悪化で人材の流出率低下も(05/27)

シドニーメトロ北西線が開通 初の民営路線、無人運行(05/27)

珠江デルタは今年も2桁増収、HSBC幹部(05/27)

亜洲金融、ネット保険の事業免許を申請(05/27)

反発、米中緊張が一時緩和=香港株式(05/27)

農業発展銀が香港で社債30億元、個人向けも(05/27)

電子決済リキッド、香港の銀通とQRで提携(05/27)

中原の中古住宅指数、過去最高まで0.01%(05/27)

医師600人不足へ、海外から呼び込み=HA(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン