• 印刷する

内国歳入庁、外国人就労者の税務調査に本腰

フィリピン内国歳入庁(BIR)は、外国人就労者に対する所得税の課税を強化する方針だ。特にオンラインカジノ事業者(POGO)が雇用する従業員に照準を定める。

17日付地元各紙によると、BIRは労働雇用省などの関係機関と合同作業部会を設置。BIRのグバラ副長官は、POGOや経済区の企業で働く外国人の納税状況をまとめたリストを今月末までに完成させると説明した。適正に納税していない未登録の就労者に対しては、納税や公的な登録義務を怠ったとして罰則を適用する方針。既に登録されている従業員に対しても、申告が正確かどうかや就労期間に見合った納税実績があるかなどを調査する。

BIRは、納税者として登録せずに働く外国人は、POGOで中国人を中心に13万人以上、経済区では約2,000人いると推測している。グバラ氏は、POGO関連の就労者に対する調査を優先する方針だ。

外国人就労者に対する課税漏れについては、デリマ上院議員が先月、1カ月当たり30億ペソ(約65億円)に上るとの試算を発表していた。

グバラ氏は、外国人就労者に対して、労働雇用省から労働許可を取得する前に納税者識別番号(TIN)の保有を義務付ける制度を整備する方針も示している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

外出制限、再び厳格化 首都圏など、公共交通も停止(13:18)

テイクオフ:もしかしたら今頃熱狂し…(08/03)

コロナ感染者10万人超に 医療団体、厳格な外出制限要望(08/03)

首都圏の外出制限、厳格措置は見送り(08/03)

コロナ感染新たに5032人、計10万3185人(08/03)

コロナ対策重点の21年度予算、大統領承認(08/03)

東南アジアのIPO、今年後半に増加見通し(08/03)

景気は底打ち回復へ、中銀総裁が見解(08/03)

適切な接触者追跡実施、自治体の1%未満(08/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン