米C&W、大連のTOD開発を有望視

米系不動産サービス大手クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(C&W)は16日、遼寧省大連市で公共交通指向型開発(TOD)による都市化に関するフォーラムを開き、大連は中国東北部を代表する都市の一つとして、TOD発展の「黄金時代」を迎えるとの見方を示した。新華社…

関連国・地域: 中国-大連米国
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スー・チー氏、強い国内配慮 国際法廷、仮処分の行方が焦点に(12/16)

テイクオフ:日本国内のコンビニエン…(12/16)

11月の工作機械輸出17%減に 13カ月連続、通年2割減も(12/16)

プロトン、SUVの生産開始 12億リンギで吉利車用に工場拡張(12/16)

香港政財界、警戒感崩さず 米中貿易協議の第1段階合意で(12/16)

米中が「第1段階」貿易合意 追加関税凍結、両国発表に相違も(12/16)

来年の新車市場2%減、自動車工業協会予測(12/16)

サムスン電機、高密度回路基板から撤退へ(12/16)

香港取引所、緊急取引停止措置の導入見送り(12/16)

外商投資法の実施条例を承認、国務院(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン