• 印刷する

LS電線アジア、越電線素材工場を増設

韓国の電線大手、LS電線アジアは16日、ベトナム・ハイフォン市に位置する生産法人LS―VINAが電線素材工場を増設したと発表した。投資額は約100億ウォン(約9億8,500万円)。生産能力を年2万7,000トンから同10万トンに3.7倍増強した。

電線素材10万トンは、一般建築向け電力ケーブルに換算すると6万キロメートル以上を製造できる量に当たる。ベトナムの電線素材需要は年20万トンほどで、増設によりLS―VINAは同国需要の半分を賄える生産能力を保有したことになる。将来はベトナム周辺国への輸出も視野に入れる。

ベトナムの電線市場は、政府の電力インフラ拡充や外国人投資、建設需要の増加によって拡大が続いている。

LS電線アジアのクォン・ヨンイル代表は「昨年の光ケーブル、重電圧ケーブル、バスダクトへの投資に加え、今回、電線素材の生産力増強を完了したことで、成長を加速させることができると期待している」と述べた。

LS電線アジアは16日、ベトナムでLS-VINAの工場増設完了を記念した式典を開催(LS電線アジア提供)

LS電線アジアは16日、ベトナムでLS-VINAの工場増設完了を記念した式典を開催(LS電線アジア提供)


関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: その他製造電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

ロッテに不買運動の危機再燃 日韓の合弁多数、会長トップ外交(07/19)

不買運動参加率54.6%、先週から6.6P上昇(07/19)

自動車展:中国2社は音声認識システム披露(07/19)

韓国が仲裁委開催拒否へ、「一方的に設定」(07/19)

対日貿易摩擦で一丸、文氏が与野党と協議(07/19)

日韓貿易摩擦、電子業界に新たな逆風も(07/19)

韓国輸出規制「9割賛成」、日本の意見公募(07/19)

ピルバラミネラル、リチウム事業放出進まず(07/19)

DRAM価格が急上昇、日韓貿易摩擦で(07/19)

韓国3年ぶり利下げ、景気低迷や日本規制で(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン