3月末の外貨準備高、2年5カ月ぶり高水準

フィリピン中央銀行は5日、2019年3月末の総外貨準備高(GIR、速報値)が831億9,890万米ドル(約9兆2,954億円)だったと発表した。5カ月連続で前月末から増加し、16年10月末の851億580万米ドル以来、2年5カ月ぶりの高水準となった。 政府の外貨預金、中銀の外貨運用や海外…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

外出制限、再び厳格化 首都圏など、公共交通も停止(13:18)

テイクオフ:もしかしたら今頃熱狂し…(08/03)

コロナ感染者10万人超に 医療団体、厳格な外出制限要望(08/03)

首都圏の外出制限、厳格措置は見送り(08/03)

コロナ感染新たに5032人、計10万3185人(08/03)

コロナ対策重点の21年度予算、大統領承認(08/03)

東南アジアのIPO、今年後半に増加見通し(08/03)

景気は底打ち回復へ、中銀総裁が見解(08/03)

適切な接触者追跡実施、自治体の1%未満(08/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン