• 印刷する

英政府系団体、新興企業の育成に100万ドル

英国際開発省(DFID)が出資する「ダナ・ファシリティー」は4日、オランダを拠点とする国際非政府組織(NGO)であるICCOコーペレーション、ミャンマー最大都市ヤンゴンの起業家支援組織パンディヤーとの提携で、ミャンマーのスタートアップ企業を支援する2事業に100万米ドル(約1億1,200万円)を拠出する。ミャンマー・タイムズ(電子版)が4日伝えた。

いずれの事業も、貧困層をビジネスに取り込んで企業や政府、貧困層自体の成長を図る「インクルーシブ・ビジネス(IB)」を支援する。 

ICCOコーペレーションは、スタートアップを支援する地元2団体との提携でIBの支援育成事業を、パンディヤーは技術の活用でIBの成長を図る事業を展開する。各地で、農業とITを融合したアグリテック、フィンテック(ITを活用した金融サービス)、医療、教育の4分野から、女性が活躍するスタートアップ企業をそれぞれ10社以上、選定。育成から事業の拡張までを支援する。


関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

マイテル、有名パゴダから基地局を撤去(15:13)

鋼材規格化にJIS活用 市場拡大に備え日本が支援(10/18)

フリマアプリのワンチャット、自動車を追加(10/18)

ヤンゴン環状線改修工事、東区間が一部再開(10/18)

昆明航空、昆明―ヤンゴン線を就航(10/18)

タイ住宅開発大手、ミャンマー進出を計画(10/18)

18年度の鉱物輸出額、32%減の14.6億ドル(10/18)

18年度の対中国境貿易、17%減の59億ドル(10/18)

与党NLD、総選挙候補者の半数を再選定へ(10/18)

停戦協定4周年記念式典、28日に首都で開催(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン