• 印刷する

中国企業の寿命、半数が5年以下

国家工商行政管理総局がこのほど発表した中国企業の存続期間に関するレポートによると、存続期間が5年以下の企業が全体の49.4%を占めていることが分かった。北京商報などが伝えた。

同レポートによると、2008~12年に全国で廃業した企業の数は394万2,200社に上り、平均存続期間は6.1年だった。

00年以降に設立され、既に廃業した企業をみると、設立した年に廃業した企業は全体の1.6%を占め、2年目の廃業は6.3%、3年目は最高の9.5%となり、その後4~7年目は8%以上の高水準が続くものの、7年目を超えると廃業率が年を追って低下する傾向がみられた。企業の存続にとって、設立からの3~7年目が重要な時期であることを示した。

過去5年間の企業の平均存続期間を産業別にみると、第1次産業は5.2年、第2次産業は6.7年、第3次産業は5.9年だった。

業種別では、電力、ガス、水道など公共インフラ関連および金融関連企業の寿命が長く、平均存続期間はいずれも8年を超えた。これら業種はいずれも独占業種であるほか、不況時の政府の手厚い支援も存続期間に大きく影響しているとみられる。一方、寿命が短い業種は不動産、リース、ビジネスサービスなどで、平均存続期間はいずれも5年を下回った。

また、民営企業の平均存続期間は3.7年で、全体の平均を大きく下回っているほか、米国の8.2年、日本の12.5年と比べて短命だった。<全国>


関連国・地域: 中国-全国日本米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

奈雪の茶、大阪から日本攻略 1年半で黒字化へ、来春東京出店(09/25)

長城汽車、電動車など生産へ735億円を投資(09/25)

ANAとJAL、中国路線を一部再開(09/25)

順法企業は心配無用、ブラックリストで政府(09/25)

HSBC中国撤退も、シティがリスクを指摘(09/25)

上場企業のインサイダー取引、罰則を強化へ(09/25)

対中政策に変更なし、大統領の仲裁判断言及で(09/25)

国有企業の利益、1~8月は24.2%減(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン