首都北に210億円で新ダム建設、民間提案へ

マニラ首都圏水道局(MWSS)は、水不足が問題となっているマニラ首都圏の新たな水源として、ブラカン州に最大100億ペソ(約213億円)を投じてダムと貯留池を建設する計画を明らかにした。民間企業が政府に官民連携(PPP)事業を持ち掛ける「アンソリシテッド・プロポーザル…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ドゥテルテ大統領の発言…(12/10)

財閥SMの埋立開発が認可 900億ペソ投資、巨大娯楽地区に(12/10)

関電工、地場工事会社に40%出資(12/10)

スービック開発で協力覚書、日比インフラ合同委(12/10)

貿産省、20年に1.5兆ペソの投資予測(12/10)

輸入品の過小申告、関税局が没収も(12/10)

電子業界、税制改革で雇用50%喪失を懸念(12/10)

サンミゲル、MRT7号線の延伸計画(12/10)

マララグ港改修が完了、南ダバオ州(12/10)

マカティ市、ネット賭博への免許付与停止(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン