首都北に210億円で新ダム建設、民間提案へ

マニラ首都圏水道局(MWSS)は、水不足が問題となっているマニラ首都圏の新たな水源として、ブラカン州に最大100億ペソ(約213億円)を投じてダムと貯留池を建設する計画を明らかにした。民間企業が政府に官民連携(PPP)事業を持ち掛ける「アンソリシテッド・プロポーザル…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:カンヌ国際映画祭(5月…(05/23)

国保財源が1千億円超不足 たばこ追加増税を議会に要求(05/23)

米中摩擦を企業誘致の機会に、FEFが要請(05/23)

インフラ3件の計画変更を承認、NEDA(05/23)

DMCI、鉄道事業向けの建機調達に42億円(05/23)

ING銀が個人向け参入、アプリでサービス(05/23)

22日為替:$1=52.530ペソ(↓)(05/23)

首都圏水不足、マイニラッドにも課徴金か(05/23)

エンペラドール、高級酒中心に事業拡大へ(05/23)

出前フードパンダ、年内に19都市へ進出(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン