緯創18年は26%増益、19年業績も楽観視

EMS(電子機器の受託製造サービス)大手の緯創資訊(ウィストロン)が25日に発表した2018年の純利益は、前年比26.3%増の49億800万台湾元(約175億円)で、4年ぶりの最高を更新した。林憲銘董事長は19年の業績について「全製品が小幅に成長するだろう」との楽観的な見通しを示…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国白物家電大手の美的、台湾に本格参入(12:55)

テイクオフ:約2カ月ぶりに香港のデ…(09/23)

8月の輸出受注8%減に 全品目・市場がマイナス成長(09/23)

日東メディック、ミャンマーに点眼剤を輸出(09/23)

鴻海、米ウィスコンシン州で新投資計画(09/23)

聯発科技、20年1月に5G対応チップ出荷へ(09/23)

鉄鋼ブルースコープがカルテル強要=競争委(09/23)

再生ウエハーの昇陽、14億元で生産増強(09/23)

アイフォーン新モデル、販売3割増予想も(09/23)

8月のスマホ販売約1割減、サムスンが1位(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン