• 印刷する

ルシオ・タン氏ら創設の航空学校が開校

フィリピンの有力実業家ルシオ・タン氏らが創設に関わる航空学校「ファースト・アビエーション・アカデミー(FAA)」が21日、スービック湾国際空港(SBIA)で開校した。最新の機材と質の高い教育プログラムにより、フィリピンを世界の航空会社への人材供給国にしていく方針を掲げている。

FAAは、タン氏が率いるマクロアジア・コーポレーションと、船員、航空機乗務員の管理などを手掛けるPTCホールディングスが合弁で設立した。地元紙スターによると、総工費は1億5,000万ペソ(約3億1,320万円)。

イタリアのテクナム製訓練機、米レッドバード製フライトシミュレーターなど最新の機材・設備を導入。経験豊富なインストラクター陣が航空機操縦などに関する専門プログラムを提供する。

12カ月の研修修了後は、パイロットライセンス(自家用操縦士、計器飛行証明、多発限定、事業用操縦士)の取得が可能になる。成績優秀な修了生には、インストラクターへの道も開かれているという。

FAAのラウル・パレッツ本部長は「フィリピン民間航空庁(CAAP)は現在、年間約600件の事業用操縦士のライセンスを発行している」と説明。「FAAからは今後20年間で、約1万2,000人のパイロットを送り出すことができる」と自信を見せた。

FAAによると、米ボーイングが出した18年の予測で、世界中で向こう20年間にパイロット79万1,000人の需要があり、うちアジアだけで約26万1,000人が必要になるという。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:仕事の疲れを癒やしてく…(10/21)

オフィス空室率5%に低下 7~9月、首都圏の供給不足鮮明(10/21)

アジア開銀、20~22年に91億ドル融資(10/21)

新都市クラーク、送電網が完成(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

証取委、地場2社のIPO計画認可(10/21)

半導体・電子業界、今年の輸出目標達成へ(10/21)

国際収支の黒字続く、9月は3800万ドル(10/21)

18年の医療費8.3%増、GDP比4.6%に(10/21)

アヤラランド、ラグナ複合開発の分譲開始(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン