• 印刷する

東北電力、ギソン2石炭火力発電事業へ出資

東北電力は22日、ベトナム北中部タインホア省のギソン第2石炭火力発電所(ギソン2)事業に10%出資参画すると発表した。収益力の強化を図る。

東北電力は同日、ギソン2の事業主体「ギソン2パワー・リミテッド・ライアビリティー・カンパニー(NS2PC)」の株式10%分を、同社に出資する丸紅から取得する持ち分譲渡契約を締結した。取得額は明らかにしていない。NS2PCの出資比率は今後、東北電力10%、丸紅40%、韓国電力公社50%となる。ギソン2の運転開始は2021~22年の予定。運転開始から25年間にわたり、ベトナム電力公社へ売電する契約を結んでいる。

東北電力は出資により、安定的な収益が期待できると説明。また、石炭火力発電所の建設管理や運営、環境技術の導入などで、日本国内での60年以上の実績を生かすことができると見込んでいる。

東北電力は今後、東南アジア、北・中米地域を軸として、さらなる海外事業の強化に取り組むとしている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

サベコ、契約変更に社員反発 株売却後の経営体制につまづき(04/23)

ベトナム航空、1~3月は4%増収(04/23)

ベトジェット、航空輸送で25%増収目指す(04/23)

運輸省、タクシー会社の配車アプリに条件(04/23)

ビントゥアン省、ビンタン国際港が竣工(04/23)

食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益(04/23)

設備工事サンテック、越企業に24%出資へ(04/23)

米、越製風力発電タワーにAD関税継続(04/23)

地場企業、ハティン省に木材加工工場開設(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン