• 印刷する

イディヤコーヒー、平沢に焙煎工場設立

韓国のコーヒーチェーン、イディヤコーヒーが、350億ウォン(約34億円)を投じて京畿道平沢市にコーヒー豆を焙煎(ばいせん)する工場を設立する。年産規模は韓国の工場として最大の6,000トン。2020年4月の完成を目指す。OEM(相手先ブランドによる生産)から自社生産に切り替えて、品質向上と生産コスト削減を図る。

18日に起工式を開いた。工場の延べ床面積は約1万3,000平方メートルで、地下1階・地上2階の建物となる。同社は「世界最高水準の焙煎プラントを導入する」と説明。スティックコーヒーをはじめ、多様な粉末飲料を独自生産する計画だ。

イディヤコーヒーの加盟店数は昨年時点で2,500店に上り、韓国で最多。鮮度の良いコーヒーを提供して、今年は目標の加盟店数3,000店の達成を目指す。

創業者のムン・チャンギ会長などが起工式に参加(イディヤコーヒー提供)

創業者のムン・チャンギ会長などが起工式に参加(イディヤコーヒー提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 食品・飲料建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

日韓のあつれき、最大の経営リスクに(16:49)

日本産石炭灰は使わず、セメント協会が宣言(16:49)

テイクオフ:これまで盛んに行われた…(08/20)

韓国主要企業が軒並み減益 米中摩擦の影響拡大、先行き懸念(08/20)

現代自の中国販売、インド市場の水準に低下(08/20)

越航空、ボーイング787―10初号機を受領(08/20)

対中関税でサムスンに競争力、アップル懸念(08/20)

アップル、韓国で32万人の雇用創出(08/20)

LGディスプレー、上期R&Dが過去最大(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン