悪臭マニラ湾を浄化せよ、政府一丸7年計画

【マニラ共同】フィリピン政府が、悪臭やごみの不法投棄など深刻な環境問題を抱えるマニラ湾の浄化作戦に乗り出した。関係省庁一丸で汚水対策やごみの撤去を進め、最長7年の計画で遊泳可能な水質に改善する。観光客の呼び込みにもつなげたい狙いだが、貧困対策とも密接に絡み、目…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(16:06)

テイクオフ:他国に住む友人と、定期…(09/16)

ニッケル生産、比世界首位に インドネシアの禁輸措置が追い風(09/16)

19年昇給率5.9%にやや低下、日本人商議所(09/16)

自動車整備の特定技能取得 フィリピン人(09/16)

韓進重工現法の買収交渉、年内完了へ(09/16)

スービック港高速道の拡幅、来年9月に完成(09/16)

メラルコ、50万kW電力供給で3社内定(09/16)

包括税制の改革法案、下院最終読会を通過(09/16)

予算の年度内執行を徹底、大統領令に署名(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン