• 印刷する

米シールドエアー、地場の軟包装事業を買収

米包装材大手シールドエアーは、フィリピン企業の軟包装事業を買収し、東南アジアの食品包装事業を拡大する。買収額など詳細は非公表。取引は4月に完了する予定だ。

シールドエアーの11日付声明によると、買収するのはマニラに本社を置き、印刷とラミネート加工を手掛けるMGMの軟包装事業。同社は1982年設立で、東南アジア向けに食品用の軟包装材を供給しており、オーストラリア、ブルネイ、ニュージーランドなどにも輸出している。従業員は150人。シールドエアーは、MGMの印刷・ラミネート加工技術を生かし、アジア太平洋地域で提供するサービスを強化する考えだ。

シールドエアーのカール・デイリー上級副社長は「MGMの有能なチームが当社に加わり、急成長する東南アジアの食品市場に世界クラスの製品を供給する能力を向上できる」とコメント。買収は成長地域に投資するという経営戦略に沿ったもので、アジアでの生産能力と市場の拡大が可能になると説明した。


関連国・地域: フィリピン米国
関連業種: 食品・飲料その他製造金融

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに1531人、累計4万336人(07/03)

比商議所、ビジネス目的の往来再開を要請(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

MRT3号線、改修作業の90人コロナ陽性(07/03)

コロナ感染新たに294人、累計3万8805人(07/03)

旧式ジプニー6千台、3日から運行再開(07/03)

首都圏などの制限緩和を要請、経済区庁(07/03)

マニラ空港、渡航制限で経営難も=上院議員(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン