• 印刷する

《日系進出》メタウォーター、駐在員事務所開設

水処理大手のメタウォーター(東京都千代田区)は12日、シンガポールに駐在員事務所を開設したと発表した。

オランダのパートナー企業PWNTのシンガポール現地法人と、中心部の複合施設「グレート・ワールド・シティー」内にあるオフィスを共有する。

シンガポールは国策として水処理施設への高度処理技術の適用を推進しており、水環境関連施設の整備が加速すると期待されている。新事務所では、シンガポールを含む東南アジア諸国の水環境分野に関する市場調査や、今後の事業展開に必要となる関連情報の収集を行う。

メタウォーターは海外事業を成長分野と位置付けている。アジア地域では2010年にベトナム・ハノイ、13年にはカンボジア・プノンペンに駐在員事務所を開設した。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

1~3月期のGDP0.2%増、プラス転換(21:15)

1~3月期のGDP0.2%増 5四半期ぶりプラス、製造業好調(21:10)

アジア駐在員家賃、10都市中4都市で低下(21:18)

金融政策「緩和」を維持、低成長見通しで(18:23)

暗号資産取引の米社、金利収入サービス始動(18:23)

フィンテックのフェイブ、印企業に身売り(18:23)

短期滞在制度での入国、9月以降1.8万人(18:23)

中古集合住宅の販売、3月は10年ぶり高水準(18:23)

テイクオフ:さっぱりした果物を食べ…(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン