• 印刷する

《日系進出》メタウォーター、駐在員事務所開設

水処理大手のメタウォーター(東京都千代田区)は12日、シンガポールに駐在員事務所を開設したと発表した。

オランダのパートナー企業PWNTのシンガポール現地法人と、中心部の複合施設「グレート・ワールド・シティー」内にあるオフィスを共有する。

シンガポールは国策として水処理施設への高度処理技術の適用を推進しており、水環境関連施設の整備が加速すると期待されている。新事務所では、シンガポールを含む東南アジア諸国の水環境分野に関する市場調査や、今後の事業展開に必要となる関連情報の収集を行う。

メタウォーターは海外事業を成長分野と位置付けている。アジア地域では2010年にベトナム・ハノイ、13年にはカンボジア・プノンペンに駐在員事務所を開設した。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

タタ系ホテル、シンガポール企業と買収加速(05/20)

豪老舗ブーツ製造販売企、5億で身売りへ(05/20)

海運のサイバー攻撃対策強化 センター設置で、ハブ地位向上へ(05/17)

米中貿易摩擦は追い風、UOB銀が期待(05/17)

不動産開発CDL、中国で1千億円超を投資(05/17)

ベトナム航空、預け荷物なしに最大5割引(05/17)

4月の住宅賃料指数、民間物件は0.6%上昇(05/17)

韓国化粧品大手アモーレ、ECラザダと提携(05/17)

日本システム技術、HRシステム社を買収(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン