メトロパシ、「ごみ山」地区に発電所建設へ

フィリピンの複合企業メトロ・パシフィック・インベストメンツ(MPIC)などが、マニラ首都圏ケソン市に提案したパヤタス地区の廃棄物発電所建設計画が間もなく、市によって承認される見込みだ。参加業者を募る入札で期限までに代替案が提出されなかった。地元紙マニラスタンダ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

遅い審査は自動承認、政府が改善へ細則案(21:28)

URCの製糖工場買収、競争委が却下(21:28)

外食ジョリビー、18年は積極出店で増収増益(21:28)

テイクオフ:先週末の金曜の夜は、大…(02/18)

【EV化に挑む】日系の電動三輪がゆく(下) 車両どう活用、金融機関と協業へ(02/18)

日本支援のマニラ南北通勤鉄道が着工(02/18)

ブラカン空港計画、1Qに競合提案を募集(02/18)

19年もペソ安基調、みずほ銀が経済セミナー(02/18)

外国人証券運用、1月は7.6億ドル買い越し(02/18)

15日為替:$1=52.430ペソ(↓)(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン