タイ系SCG、米中摩擦懸念で増収率鈍化へ

タイの素材最大手サイアム・セメント(SCG)の現地法人SCGフィリピンは、米中貿易摩擦による通商環境悪化の影響が業績に及び、今年は増収率が鈍化するとの見通しを示した。2018年の売上高は前年比26%増の185億3,700万ペソ(約390億円)。原油高と米中摩擦の影響でグループ全…

関連国・地域: タイフィリピン
関連業種: その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

クラーク再開発、データランドが参画協議(02/15)

【EV化に挑む】日系の電動三輪がゆく(上) 政府事業の3千台、ついに完納へ(02/15)

メトロパシ、カビテに国内最大級の配送ハブ(02/15)

メトロパシの高速道会社、政府保有株売却へ(02/15)

首都圏統合駅の建設、3工区全て地場と契約(02/15)

米シールドエアー、地場の軟包装事業を買収(02/15)

グーグルが無料ワイファイ、PLDTと協業(02/15)

14日為替:$1=52.380ペソ(↓)(02/15)

太陽光発電揚水の導入でイスラエル社と交渉(02/15)

台湾政府、今年の比人観光客50万人目標(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン