• 印刷する

テイクオフ:マニラ首都圏のMRT(…

マニラ首都圏のMRT(高架鉄道)で、中国人女性が警察官にタホ(豆腐のデザート)を投げつけた「事件」が大ごとになっている。地元紙によると、ロブレド副大統領は、(中国人が警察官に盾突いたのは)南シナ海の領有権を争う中国に対し、友好的なドゥテルテ政権への警鐘だ、と声を荒らげている。上院からは国外追放にすべきとの声も出ているという。

女性は、警察がMRTへの飲食物持ち込み禁止の取り締まりを開始した9日朝、警察官への暴行罪で逮捕された。タホを持ったまま改札を通ろうとして、警察官に処分を迫られ、手に持ったタホを投げつけたためだ。

混み合う通勤時間帯のMRTの改札、持ち物検査にイラッとした人は彼女だけではなかったと想像する。中国人女性の悲劇は、タホを投げてしまったことか。当地で外国人が国家権力に歯向かえばどうなるか、肝に銘じておこう。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに1046人、累計1万6634人(11:27)

首都圏などの外出制限、6月1日から緩和(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

コロナ感染新たに539人、過去最多を更新(05/29)

双日車販社、吉利のSUV「アズカラ」投入(05/29)

配車グラブが衛生基準導入、運行再開へ準備(05/29)

貿産省、中国から生産移管の135社と交渉(05/29)

LRT2号線の東延伸、予定通り年末完工へ(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン