マニラ湾の水質改善開始、飲食店閉鎖も

【マニラ共同】フィリピン政府は27日、ごみの不法投棄や下水による汚染が深刻なマニラ湾の水質を改善する取り組みを始めた。周辺のホテルや飲食店がきちんと下水処理をしているかどうかを調べ、不適切と判断すれば閉鎖を命じるなどして対策を促す。 地元メディアによると、マニラ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: サービス観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

電力公社の債務、利用者への転嫁申請(18:26)

食品フラベル、米高級ソーセージを製販(18:26)

クラークで2カ所目の免税店、韓国系施設に(18:26)

テイクオフ:マニラ首都圏の一部地域…(06/26)

三菱グループ出資2社が連携 中間層住宅の開発資金とローンで(06/26)

海運チェルシー、福岡造船に貨客船1隻発注(06/26)

三菱日立パワー、サービス会社新設(06/26)

首都水危機、ダム水位が過去最低更新も(06/26)

インドネに車部品輸出を、貿易赤字縮小へ(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン