【ベトナムの模索】「安全・安心」、実現なるか:農業の効率化へ鍵握る農協

2011~15年期の後半、在ベトナム日系企業関係者の間で最も注目度が高まった分野が第1次産業だ。環太平洋連携協定(TPP)交渉の進展や工業化戦略の停滞など環境変化が絡み合い、ベトナム政府は日本とともに今年、15~19年の「日越農業協力中長期ビジョン」を策定した。中長期ビ…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

売上減や部品調達に不安拡大 新型コロナ、日系は対策強化も(02/20)

新型コロナ、航空各社が中国便など消毒徹底(02/20)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(19日正午)(02/20)

有望な物流市場、越は中印に次ぐ3位に(02/20)

東南アジア1月の訪日客、3割増で過去最高(02/20)

地場企業、カラオケ業から自動車販売に転換(02/20)

商工省、太陽光発電のFIT運用案を再提出(02/20)

インド向け農水産物輸出、中国代替で拡大へ(02/20)

青果輸出、EVFTAと新型コロナで多様化(02/20)

ピザロジック、HCM市1区に再出店(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン