【年始特集】アジア景況感、米中摩擦が影 楽観は中国1桁、印越で6割

アジアに進出する日系企業の2019年の景況感は、18年に比べ総じて悪化した。東アジア、東南アジア、インドの3地域とも、景気が「良くなる」との回答割合が前年よりも低下し、「悪くなる」は上昇した。貿易を中心とした米中の摩擦が影を落とし、中国では「良くなる」の割合が1桁に…

関連国・地域: 中国香港マカオ台湾韓国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアニュージーランドインド日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

事業モデルの進化へ手応え MUFGの東南アジア戦略(5)(05/12)

ソフトバンク、アジア強化へ 同業アクシアタのAI部門と提携(05/12)

ホンダ二輪販売、4月は3倍の19.1万台(05/12)

パナが国内テレビ生産終了、海外に集約(05/12)

いすゞ、「D―MAX」の新モデル発売(05/12)

岡山県に家電の新工場、アイリスオーヤマ(05/12)

ダイキン11年ぶり減収、業務用エアコン落ち込む(05/12)

マツダ新車販売、4月は10.9%減の1.5万台(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン