【年始特集】アジア景況感、米中摩擦が影 楽観は中国1桁、印越で6割

アジアに進出する日系企業の2019年の景況感は、18年に比べ総じて悪化した。東アジア、東南アジア、インドの3地域とも、景気が「良くなる」との回答割合が前年よりも低下し、「悪くなる」は上昇した。貿易を中心とした米中の摩擦が影を落とし、中国では「良くなる」の割合が1桁に…

関連国・地域: 中国香港マカオ台湾韓国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアニュージーランドインド日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

結核予防会、首都に健康診断センター開設(01/20)

【書籍ランキング】1月2日~1月8日(01/20)

ビンファスト、受注1.7万台 「初年シェア5%」に疑問の声(01/20)

有望市場に交差する期待と不安 ジェトロ、高齢者産業ミッション(01/20)

19年の訪日韓国人26%減 日韓対立で五輪イヤーに不安も(01/20)

中国、人口14億人突破(01/20)

日本工業団地で入居進む 1年で9社、南部で整備活発(01/20)

ホンダ、19年の二輪市場でシェア79%(01/20)

19年訪日香港人、過去最高に 抗議デモで失速も年後半に回復(01/20)

トヨタ、EV・PHV生産計画で政府認可(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン