• 印刷する

クラーク空港運営、シンガポール系連合落札

フィリピンの運輸省は14日、クラーク国際空港(中ルソン地方パンパンガ州)の既存ターミナルと2020年開業予定の新ターミナルの運営・保守(O&M)事業を、シンガポール・チャンギ国際空港運営会社の現地法人などのコンソーシアムが落札したと明らかにした。地元各紙が伝えた。

落札したのはノース・ルソン・エアポート・コンソーシアムで、チャンギ空港フィリピンのほか、ゴティアヌン財閥の持ち株会社フィリンベスト・デベロップメント(FDC)、格安航空会社(LCC)セブ・パシフィック航空など3社が参加している。契約期間は25年間。

クラーク空港の新ターミナルは、20年第1四半期(1~3月)の完成予定で、建設はフィリピンの大手メガワイド・コンストラクションが請け負っている。面積は10万平方メートルで、既存ターミナルと合わせた旅客処理能力を現状の2倍の800万人に高める計画だ。

フィリピン政府は、クラークをマニラ首都圏のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)に次ぐ主要空港にする方針で、新ターミナルは政府のインフラ整備の重点事業の一つに位置付けられている。

同空港には、カタール航空、セブ・パシフィック航空、タイガーエア、ジンエアー、アシアナ航空、エアアジア、フィリピン航空(PAL)、エミレーツ航空などが発着する。新ターミナル完成後は香港、シンガポール、バンコク、マカオ、浦東、仁川、ドーハ、ドバイ、ダバオ、セブなどへの直行便が増設される予定だ。

O&M業者を募る入札には、インドネシア・ジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港などを運営する同国国営アンカサ・プラ(AP)2、フィリピンの港湾運営グローバルポート900などが参加する企業連合、X―ドロイド・コンソーシアムも応札していた。


関連国・地域: シンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

クラーク再開発、データランドが参画協議(12:43)

【EV化に挑む】日系の電動三輪がゆく(上) 政府事業の3千台、ついに完納へ(02/15)

メトロパシ、カビテに国内最大級の配送ハブ(02/15)

メトロパシの高速道会社、政府保有株売却へ(02/15)

首都圏統合駅の建設、3工区全て地場と契約(02/15)

米シールドエアー、地場の軟包装事業を買収(02/15)

グーグルが無料ワイファイ、PLDTと協業(02/15)

14日為替:$1=52.380ペソ(↓)(02/15)

太陽光発電揚水の導入でイスラエル社と交渉(02/15)

台湾政府、今年の比人観光客50万人目標(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン