• 印刷する

グーグル、越で駐在員事務所開設を検討

米国のIT大手グーグルが、ベトナムで駐在員事務所の開設を検討しているもようだ。サイゴンザイフォン電子版が12日に伝えた。

グーグルのケント・ウォーカー上級副社長が11日、ベトナムのブオン・ディン・フエ副首相を表敬訪問し、開設を検討していることを明らかにした。

フエ副首相は、グーグルがベトナムで学生を対象とした研修を通じて、デジタル経済の発展を支援していることに謝意を表明。ベトナム政府が2020年までの目標として掲げる優良企業100万社の設立にもつながるとの見解を示し、「ITを国の発展の主軸に位置付けるベトナムを今後も継続的に支援してもらいたい」と述べた。

これに対し、ウォーカー氏は、ベトナムの目標達成に向けて当局と連携していく意向を示した。


関連国・地域: ベトナム米国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

2Q経済成長率が軒並み停滞 東南アジア、内需堅調も輸出不振(20:20)

インバウンド切札にIR事業 日系興行大手、越で経験積む(08/20)

ベトナム自動車販売、25年に100万台到達か(08/20)

越航空、ボーイング787―10初号機を受領(08/20)

バンブー航空、就航7カ月で1万便達成(08/20)

南部の工業団地、土地使用料の上昇続く(08/20)

FLC、コントゥム省で都市区レガシー着工(08/20)

JESCO、越でダム観測局の工事受注(08/20)

EVN、傘下ファイナンスの持ち株を売却へ(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン