• 印刷する

グーグル、越で駐在員事務所開設を検討

米国のIT大手グーグルが、ベトナムで駐在員事務所の開設を検討しているもようだ。サイゴンザイフォン電子版が12日に伝えた。

グーグルのケント・ウォーカー上級副社長が11日、ベトナムのブオン・ディン・フエ副首相を表敬訪問し、開設を検討していることを明らかにした。

フエ副首相は、グーグルがベトナムで学生を対象とした研修を通じて、デジタル経済の発展を支援していることに謝意を表明。ベトナム政府が2020年までの目標として掲げる優良企業100万社の設立にもつながるとの見解を示し、「ITを国の発展の主軸に位置付けるベトナムを今後も継続的に支援してもらいたい」と述べた。

これに対し、ウォーカー氏は、ベトナムの目標達成に向けて当局と連携していく意向を示した。


関連国・地域: ベトナム米国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

三菱自、19年販売は倍増狙う 人材と設備の強化で好調堅持(01/21)

JAいわて中央、HCM市でリンゴの販促(01/21)

マイリンとリエンベト銀、電子財布で決済(01/21)

エスペック、越に製品サポート拠点(01/21)

デジワールド18年は増収増益、売上は1.5倍(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

ICT産業の売上高、18年は990億ドル(01/21)

韓国のICT貿易、中国・ベトナムが好調(01/21)

製薬業界、薬価抑制などで19年の見通し低調(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン