CPベトナム、340億円で食品工場を新設

タイの食品最大手チャロン・ポカパン・フーズ(CPF)のベトナム子会社、CPベトナム(CPV)は、来年末までに100億バーツ(約340億円)を投じて、南部ホーチミン市に新たな食品加工工場を建設する。2020年に日本、欧州向けに鶏肉製品の輸出を開始する見込み。6日付ネーショ…

関連国・地域: タイベトナム
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の地元の駅の階段は…(03/26)

親軍政が得票伸ばし続投濃厚 暫定結果、小選挙区はタクシン派(03/26)

タイ政治巡る今後の動き(03/26)

「民主党の大敗」に見るタイ社会の変容(03/26)

何が変わり、変わらなかったか=タイ総選挙(03/26)

投票日前日に票の買収が横行=監視団体(03/26)

FTI会長が首相続投支持、経済界も継続性(03/26)

「市場は様子見続く」=みずほ総研松浦氏(03/26)

EEC政策などは継続=ソムキット副首相(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン