• 印刷する

米貿易委、知財紛争でマヒンドラを支持

欧米系の自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が、インドの同業マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)に知的財産権を侵害されたと主張している件で、米国際貿易委員会(USITC)がマヒンドラ側の主張を支持しているもようだ。ビジネス・ライン(電子版)が28日に伝えた。

争点となっているのは、マヒンドラが米国で展開するオフロード車「ロクサー」のフロントグリルのデザイン。FCAは8月、「ジープ」の意匠権が侵害されたとして異議を申し立てていた。だが、マヒンドラはデザインの使用に問題はなく、異議申し立てはフィアットと2009年に結んだ協定で禁じられているとの立場だ。

USITCの調査担当者は、デザインの使用と申し立ての可否の両方について、マヒンドラの主張を認めているという。

マヒンドラの自動車生産は、1940年代後半のジープの組み立てが起源とされる。現時点で、USITCの公式な判断は示されていない。


関連国・地域: インド米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド人の友人と食事に…(03/26)

パキスタンが中古車輸入規制 スリランカは増税、日本に影響も(03/26)

鴻池運輸、印南北で自動車の鉄道輸送を開始(03/26)

現代自、小型SUVべニューを印で初生産か(03/26)

カルナタカ州、オラの営業停止処分を解除(03/26)

フィリピン航空、デリー直行便の運航延期(03/26)

冷蔵倉庫業界、5年で2100億ルピー投資予測(03/26)

印企業出資のスリランカ製油所が着工(03/26)

エアコンなど大幅値下げ、暑期の遅れが要因(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン