• 印刷する

米貿易委、知財紛争でマヒンドラを支持

欧米系の自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が、インドの同業マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)に知的財産権を侵害されたと主張している件で、米国際貿易委員会(USITC)がマヒンドラ側の主張を支持しているもようだ。ビジネス・ライン(電子版)が28日に伝えた。

争点となっているのは、マヒンドラが米国で展開するオフロード車「ロクサー」のフロントグリルのデザイン。FCAは8月、「ジープ」の意匠権が侵害されたとして異議を申し立てていた。だが、マヒンドラはデザインの使用に問題はなく、異議申し立てはフィアットと2009年に結んだ協定で禁じられているとの立場だ。

USITCの調査担当者は、デザインの使用と申し立ての可否の両方について、マヒンドラの主張を認めているという。

マヒンドラの自動車生産は、1940年代後半のジープの組み立てが起源とされる。現時点で、USITCの公式な判断は示されていない。


関連国・地域: インド米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド5州の州議会選の…(12/13)

モディ政権、来年総選挙に逆風 5州議会選で与党全敗(12/13)

中銀新総裁「元官僚は最適でない」、専門家(12/13)

インド大統領、チャオピュー深海港で懸念か(12/13)

タタ自の世界販売、11月は7%減10.5万台(12/13)

インド人、到着ビザでの入国可能に(12/13)

欧州ビール大手マオウ、ベンガルール参入(12/13)

製薬オーロビンド、中国で吸入器の合弁(12/13)

エイスース、印スマホ市場でシェア10倍目標(12/13)

中国半導体ユニソック、来年の2割増収視野(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン