• 印刷する

【アジアの穴場】 コックスバザール(バングラデシュ)

「バングラの熱海」自慢は世界最長ビーチ

「混沌の国」を巡る、旅人に会わない旅――。『地球の歩き方バングラデシュ編』(ダイヤモンド社)の表紙に記されたサブタイトルだ。著名な観光ガイドブックにして、何とも冒険的なタイトルだが、「貧困」「難民」「洪水」「テロ事件」などのネガティブなイメージが先行し、旅人を引き付ける観光名所といってもなかなか思い浮かばないのも事実ではある。

世界一の長さを誇るコックスバザールのビーチ

世界一の長さを誇るコックスバザールのビーチ

■全長125キロの天然ビーチ

そうした中、多くのバングラデシュ人が国内観光地の筆頭に挙げるのが南部のビーチリゾート地、コックスバザールだ。全長125キロメートルにおよぶ天然の砂浜の海岸線は「世界最長のビーチ」と言われている。

ヒマラヤ山脈を源流とするパドマ川(ガンジス川)やジョムナ川(ブラフマプトラ川)が長い旅を終えて、ベンガル湾に注ぎ込む地帯に広がるバングラデシュ。大河から流れ込んだ水によって海の色が茶色くにごり、東南アジアのような美しいサンゴ礁が広がるビーチリゾートは望むべくもないが、南部に位置するコックスバザールは比較的海の色も澄んでいる。新婚旅行で同地を訪れるバングラデシュ人のカップルも多く、名古屋工業大学に留学経験があるという30歳代のバングラデシュ人男性は、「コックスバザールはバングラデシュの熱海。多くの日本人もきっと気に入るはずだ」と力説した。

同地を訪れたのはバングラデシュの休日に当たる金曜日と土曜日だったが、「世界一長いビーチ」であるせいか、遊ぶ人々の数はまばら。肌の露出を避けるイスラム教徒が国民の9割を占める同国では、海水浴客もみな服を着たまま泳いでいた。

5つ星ホテルも徐々に増えている

5つ星ホテルも徐々に増えている

サンドバギーでビーチを疾走するアトラクションが人気だ

サンドバギーでビーチを疾走するアトラクションが人気だ

新婚旅行のメッカだけあって、果てしなく広がるビーチでのんびりと眺めるベンガル湾の夕日は美しく、一見の価値ありだ。

貧困層が目立つ街並みや交通インフラの整備の遅れなど、まだまだリゾート地としては未成熟な印象がぬぐえない。だが、縫製品の輸出が世界第2位に浮上するなどバングラデシュは好調な経済成長が続いており、コックスバザールもやがて国際的なリゾート地として名をはせる日がくるのかもしれない。

イスラム教徒が9割を占める国だけにビーチファッションも露出は控えめ

イスラム教徒が9割を占める国だけにビーチファッションも露出は控えめ

コックスバザール周辺で使われている伝統的な漁船

コックスバザール周辺で使われている伝統的な漁船

■ロヒンギャ問題の最前線

コックスバザールのあるチッタゴン管区はミャンマーと国境を接している。ミャンマーを追われて同地に流入したイスラム教徒、ロヒンギャ難民の問題が国際的な関心を集めている。

バングラデシュ政府によると、コックスバザール近郊には30カ所の難民キャンプがある。その広さは東京ドーム173個分にもおよび、難民の数は100万人に達していると言われる。バングラデシュ国内でももともと裕福とは言いがたい同地域にとって、膨大な数の難民は犯罪の増加や物価上昇などを招くなど大きな社会問題となっている。

コックスバザール近郊の難民キャンプで暮らすロヒンギャ族の子供たち

コックスバザール近郊の難民キャンプで暮らすロヒンギャ族の子供たち

【アクセス】

空路は首都ダッカのハズラット・シャージャラル国際空港(HSIA)から約1時間。コックスバザール空港から筆者が宿泊したビーチ沿いの5つ星ホテルまでは自動車で1時間余りだったが、交通渋滞が激しいとさらに時間がかかる。

※特集「アジアの穴場」は、アジア経済を観るNNAのフリー媒体「NNAカンパサール」2018年11月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。


関連国・地域: 日本バングラデシュ
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

経済活動は徐々に正常化へ 爆破テロ後のスリランカ(04/26)

国際自動車展、IIMS開幕 中韓など9ブランドが新モデル(04/26)

テイクオフ:3年間のシンガポール勤…(04/26)

昭和電工、南部にアルミ缶第3工場(04/26)

太陽光エグチ、アルカラ市に発電設備設置(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

テスラが赤字790億円、納車遅れやリストラ費用(04/26)

マルチスズキ、昨年度は増収減益(04/26)

積水とシンガ企業、シドニー商業施設を売却(04/26)

セブに社会人専門英語校、現地と日本提携で(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン