携帯電話の国内出荷5%減、ガラケー最低

【共同】調査会社のMM総研が14日発表した2018年度上半期(4~9月)の国内の携帯電話出荷台数は、前年同期比5.0%減の1,552万台だった。「ガラケー」と呼ばれる従来型の携帯が37.9%減の162万台となり、00年度の調査開始以来、半期ベースで過去最低を記録したのが要因だ。 スマ…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

日系が新車と先進技術を公開 広州自動車ショー、逆風下で開幕(11/22)

リネット、カンボジア事業の営業利益12倍に(11/22)

華為、日本から2兆円超す製品調達(11/23)

イオン、東南ア初の業態導入 地域ごとの店舗設計で需要に対応(11/22)

技術者1万人雇用で事業強化 テクノプロ、高まる人材需要に対応(11/22)

双日など日本連合、通信網受注 70億円、華為・KT連合に競り勝つ(11/22)

「国産化」リスクの声高まる 国際貿易のメリット生かせず(11/22)

日系とウイング、融資管理システム共同開発(11/22)

テイクオフ:江戸時代に前野良沢や杉…(11/22)

松尾製菓、20年に工場稼働へ 日本向けに「チロルチョコ」生産(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン