【危機管理】インドネシア暴動から学ぶ 小島俊郎の「アジアの危機管理」第4回

■有事対応はトップ方針が鍵 1万人を超える在留邦人が一斉に退避することになった1998年のインドネシア暴動のようなケースは、後にも先にも他に例がない。暴動は、日本とインドネシアが平和条約を締結して40周年の節目の年に起きた。両国が長年積み上げた友好関係の歴史があ…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ペトロナスとLNG供給で協力 経産省、需要期前に供給確保急ぐ(20:55)

大成建設、MRT横断線支線の駅建設を受注(16:15)

三井住友建設、マニラ地下鉄の駅舎落札(15:37)

批判は「承知」、国葬へのミャンマー招待(15:34)

「ミャンマーに注目を」、拘束の久保田氏(15:34)

交通インフラ、中国への高速道が優先=副首相(15:59)

「世界の台所」の商機探る 地場は代替素材や自動化に関心(09/30)

テイクオフ:ゴウッと風が鳴り、その…(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン