• 印刷する

知的財産権法案、11月にも連邦議会で審議

ミャンマーの連邦議会で11月にも、知的財産権(IPR)法案の審議が行われ、包括的な法律が成立する見通しが明らかになった。ミャンマー・タイムズ(電子版)が9日伝えた。

ミャンマーの知財権は、1909年成立の登記法と1914年成立のミャンマー著作権法で保護されているが、いずれも100年以上も前に成立した法律であることから、知財権や著作権、商標などを適切に保護するために改正や新たな法整備が必要と考えられている。

政府は2004年からIPR法の成立を目指しており、15年に草案を策定した。連邦議会法案委員会のミャ・ニャナー・ソー共同議長は「今年1月に上院で審議が行われ、現在は下院での審議と承認を待っている段階。11月にも審議が行われ、両院での反対がなければ近く成立する見通し」と説明した。

東南アジア諸国連合(ASEAN)知的財産協会のモー・ミン・トゥ氏は「ミャンマーには包括的なIPR法がないため、内外の企業は商品開発や投資に二の足を踏んでいる状況」とした上で、「知財権保護に関する法的枠組みが整えば、発明の促進や商品開発の強化につながる」と強調した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英団体が国軍関与リストを発表、日本企業も(16:08)

欧州企業の景況感、低下続く 高い魅力も難民問題足かせ(12/12)

仏の7千万ユーロ融資、会計委が凍結提案(12/12)

ヤンゴンの発電所向けLNG供給、来年整備(12/12)

レンタルバイク禁止、ダウェー観光に影響も(12/12)

森林局、民間人工林の木材輸出を許可へ(12/12)

与党、地方首相や議員の監視チーム設置へ(12/12)

ラカイン北部の夜間外出禁止令、2カ月延長(12/12)

日本語教師の育成が本格化 受け入れ増へ、官民が取り組み(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン