【開拓ミャンマー】日本人向け住宅の仲介

第10回 高騰を続けるミャンマー最大都市ヤンゴンの住宅賃貸料。日本人駐在員が多く住むコンドミニアムは、ワンルームのサービスアパート賃貸料が4,500~5,000米ドル(約45万~50万円)に達する例も出ている。日本貿易振興機構(ジェトロ)が3月に出版した「ヤンゴンスタイル」で盛…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 建設・不動産メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

13日もドル売り介入、2日連続(13:24)

クーデター後の犠牲者、3人増の788人に(12:05)

チン州ミンダットに戒厳令、抵抗激化で(12:05)

北角さん解放、帰国の途に(12:24)

北角さん、近く帰国=茂木外相(12:04)

北角さん、きょう解放へ(10:10)

北角さん、14日に解放=ミャンマー国軍(09:57)

ジャーナリストの北角さん、当局が解放へ(09:56)

3月の対米輸入は55%減 政変前の2割、制裁が直撃(05/14)

現金不足が深刻化、市民の引き出し止まらず(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン