• 印刷する

日本の農水省、植物新品種の知財審査で協力

日本の農林水産省は1日、植物品種の保護に関する審査でシンガポールと協力すると発表した。シンガポールの審査当局に出願されている植物の新品種について、同日から日本での品種登録審査結果を同国に無償で提供する。

同省によると、日本産の種苗や農産物の輸出拡大には、国内で開発された新品種の知的財産が海外でも保護されることが不可欠という。

日本は2016年3月からこれまで、植物の新品種の保護に関する国際条約(UPOV=ユポフ=条約)に基づき、日本からの品種登録出願件数が多いオーストラリア、ブラジルなどと同様の協力覚書を締結。シンガポールは世界で15カ国・地域目となる。

日本が審査結果を提供することで協力国での審査期間が短縮され、知的財産権が早期に保護されるようになるほか、審査料の低減も見込まれ、日本からの輸出拡大につながると期待されている。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日東京で開催された卓…(11/14)

30年までの国家AI戦略始動 グローバルハブ狙い、まず5分野(11/14)

リバネスと企業庁、地場社の日本進出支援(11/14)

双日、シンガポールの通信塔会社に出資(11/14)

ICMG、アジアの持続可能な開発で提携(11/14)

NTTコム、地場新興フィンテック社に出資(11/14)

ヨシムラ、業務用厨房機器NKRを買収(11/14)

投資テマセク、出資先の温室効果ガス半減へ(11/14)

複合セムコープ、インド新州都での開発中止(11/14)

AP州のスタートアップ拠点、開発中止へ(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン