• 印刷する

日本の農水省、植物新品種の知財審査で協力

日本の農林水産省は1日、植物品種の保護に関する審査でシンガポールと協力すると発表した。シンガポールの審査当局に出願されている植物の新品種について、同日から日本での品種登録審査結果を同国に無償で提供する。

同省によると、日本産の種苗や農産物の輸出拡大には、国内で開発された新品種の知的財産が海外でも保護されることが不可欠という。

日本は2016年3月からこれまで、植物の新品種の保護に関する国際条約(UPOV=ユポフ=条約)に基づき、日本からの品種登録出願件数が多いオーストラリア、ブラジルなどと同様の協力覚書を締結。シンガポールは世界で15カ国・地域目となる。

日本が審査結果を提供することで協力国での審査期間が短縮され、知的財産権が早期に保護されるようになるほか、審査料の低減も見込まれ、日本からの輸出拡大につながると期待されている。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染261人、計3万7183人(5日)(06/05)

日系75%が上半期に減収予測 コロナ禍、昇給率見直しへ(06/05)

SGX上場企業、1~3月期の純利益4割減(06/05)

豪とNZ、7月に空路再開か 当初は首都間限定、難局も(06/05)

5月PMIはやや改善、不況水準は脱せず(06/05)

偽装解雇には助成金剥奪などの処分=人材相(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

当局が職場3カ所を閉鎖、コロナ対策違反で(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン