• 印刷する

日本の農水省、植物新品種の知財審査で協力

日本の農林水産省は1日、植物品種の保護に関する審査でシンガポールと協力すると発表した。シンガポールの審査当局に出願されている植物の新品種について、同日から日本での品種登録審査結果を同国に無償で提供する。

同省によると、日本産の種苗や農産物の輸出拡大には、国内で開発された新品種の知的財産が海外でも保護されることが不可欠という。

日本は2016年3月からこれまで、植物の新品種の保護に関する国際条約(UPOV=ユポフ=条約)に基づき、日本からの品種登録出願件数が多いオーストラリア、ブラジルなどと同様の協力覚書を締結。シンガポールは世界で15カ国・地域目となる。

日本が審査結果を提供することで協力国での審査期間が短縮され、知的財産権が早期に保護されるようになるほか、審査料の低減も見込まれ、日本からの輸出拡大につながると期待されている。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:これまでポイントカード…(08/08)

小売業売上高、2桁成長続く 今年通年の見通し上方修正も(08/08)

中堅駐在員の平均報酬、米ドル建てで1割増(08/08)

三井海洋と東洋エンジ、FPSOで新会社(08/08)

太平洋深海底の資源探査、ケッペル系が実施(08/08)

繊維リサイクル研究所、南洋理工大学で開設(08/08)

ケリントン、特殊ガス供給システム設置受注(08/08)

プレミア・タクシーズ、現地企業が買収(08/08)

英レボリュート、仮想通貨取引サービス開始(08/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン