米国がティラワ投資に関心 大使が視察、経済連携探る

米国のスコット・マルセル駐ミャンマー米国大使が9月27日、最大都市ヤンゴン近郊のティラワ経済特区(SEZ)を視察した。米国はイスラム教徒少数民族ロヒンギャ問題に関するミャンマーの対応に反発をあらわにしているが、マルセル大使はその一方で多くの米国企業が投資に関心を…

関連国・地域: ミャンマー日本米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

通信市場の健全化へ厳格措置 政府、SIM無料配布の越系に罰則(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

連邦下院、紛争地ネット再開の緊急動議却下(07/23)

チャウピュー港の環境評価、法的不備の指摘(07/23)

携帯普及率が105%に、中国・韓国製が人気(07/23)

マンダレー、土壌汚染防ぐ廃棄物処理場建設(07/23)

バガン、ユネスコ方針に沿い都市開発(07/23)

MAI、ヤンゴンとマンダレーから杭州便(07/23)

中国向けガス管が開通6年、国内にも供給(07/23)

南部メルギー30村、小型太陽光発電を設置(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン