インド製炊飯器を日本へ輸出 パナ、30年で累計生産1000万台

パナソニックのインド調理家電法人、パナソニックAPインド(PAPIN)は19日、南部チェンナイ工場で生産した炊飯器の日本への輸出を開始したと発表した。設立から30周年を迎え、累計1,000万台の炊飯器を生産したチェンナイ工場から、日本では販売されていない1.5合炊きの小型…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:西部ラジャスタン州がオ…(10/23)

税制改革で投資見直し 外資2社が示唆、コスト増懸念(10/23)

【13億の食に商機】カゴメが独資でトマト加工 業務用に注力、22年に工場フル稼働(10/23)

インドのLCCインディゴ、HCM線を就航(10/23)

農機ソナリカ、合弁設立で中国に進出(10/23)

18年度のインドとの国境貿易、2億ドルに増(10/23)

台湾アビジョン、コピー機3000台の設置計画(10/23)

ウルトラテック、東部で設備投資94億ルピー(10/23)

米葉巻グルカシガーズ、インド事業に本腰(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン