• 印刷する

ロビンソンズ、ミニストップ現法に追加出資

ゴコンウェイ系の小売り大手ロビンソンズ・リテール・ホールディングスは3日、コンビニエンスストア「ミニストップ」をフィリピンでフランチャイズ(FC)展開するロビンソンズ・コンビニエンス・ストアズ(RCSI)への出資比率を51.0%から59.1%に引き上げると発表した。経営への関与を深め、コンビニ事業の成長を加速させる。

三菱商事が持つRCSIの株式1億6,105万株(発行済み株式の8.05%)の取得で同社と合意した。取得額は公表していない。三菱商事は残る保有株4%もミニストップへ売却。RCSIへの出資比率は、ロビンソンズ・リテールが59.1%、ミニストップが40.9%となる。

RCSIは2000年にミニストップとFC契約を結んで1号店を出店。マニラ首都圏、ルソン、ビサヤ地方に492店舗を展開する。2018年上半期(1~6月)の売上高は45億ペソ(約93億円)だった。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

首都圏などの外出制限、6月1日から緩和(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

コロナ感染新たに539人、過去最多を更新(05/29)

双日車販社、吉利のSUV「アズカラ」投入(05/29)

配車グラブが衛生基準導入、運行再開へ準備(05/29)

貿産省、中国から生産移管の135社と交渉(05/29)

LRT2号線の東延伸、予定通り年末完工へ(05/29)

コロナ後の経営戦略、複数シナリオを(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン